学校の「図書館の人」のひとりごと

「学校の図書館を担当している」と言っても、司書ではない。あくまで校内の仕事の一つとして図書館を担当している職員のひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「不良少年の夢 ―全国から集まってきた高校中退者や不登校生徒と共に戦う“元不良”だった教師の熱き挑戦!」


**

「不良少年の夢 ―全国から集まってきた高校中退者や不登校生徒と共に戦う“元不良”だった教師の熱き挑戦!」(詳細は上の画像をクリック)
義家 弘介(著)
光文社
現在までの貸し出し回数:3

この本、以前にも書いたことがある無断持ち出しによって、現在図書館には存在しません(涙)。
面白い本だったのに。

生徒として読むと、「とても面白い」んでしょうね。
こんな風に思っていたんだよ!
こんな先生を待っていたんだよ!
って。

義家さんは、適当に仕事している教師を批判しつつ、北星余市高校で出会った教師たちを賞賛しつつ、悪い生徒だった自分を反省しつつ、自分も良い教師であろうと前へ向かって進んでいきます。

なので、教員として読むと確かに「面白い」んですが、自分の批判をされているようで結構「つらい」・・・orz

道でヤンキーを見かけると、目を合わせないようにする→ブログランキングへ






スポンサーサイト

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

「どうぶつたちへのレクイエム」


**

「どうぶつたちへのレクイエム」(詳細は上の画像をクリック)
児玉 小枝(著)
日本出版社
現在までの貸し出し回数:2

この本、生徒は手にすることが多いんですが、貸し出し回数は少ないです。
と言うのも、写真が主であるため、文章が少なくすぐに読めちゃうため、図書館で読み切ってしまい、借りる必要がないのね。

で、実は僕自身読んだことがなかったので、先日、ちょっと図書館で時間が余った時になにげに読みました。

悲しい・・・。

ペットを無惨にも捨てる人がいるんですね。
そんなペットたちは保健所に連れて行かれ、処分(殺され)ます。
ちなみに著者が取材した保健所の場合、殺し方は安楽死ではなく、炭酸ガスによる窒息死だそうです。
つまり、もがき苦しむんだろうな・・・。

この本は、そんな殺される前のペットたちを撮影したものです。
この本に掲載されていたペットたちは、もうすでにこの世にはいません。

生徒だけでなく、大人にも読んでもらいたい本ですね。

ウチはアパートなので、ペット買えない→ブログランキングへ







テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

明日は卒業式

明日は卒業式です。

というわけで、今日は予行演習&大掃除。
図書館が保護者の待機場所となっているので、キレイにしておかないとなりません。

大掃除で生徒が何名かクラスから派遣されてくるのですが、人数が必要以上に多い。
これは、普段は当番制で行っている清掃を、大掃除のために生徒全員で清掃を行うため、1つの教室あたりの人数が多くなってしまうためなのですが、人数が多すぎると手が空いちゃった生徒が遊んじゃうんだよなあ。
「キレイにすること」よりも、「彼らが全員仕事をする」ことに意識を向けてます。
手が空くことの無いように、何らかの清掃の「仕事(窓ふき等、椅子拭き等)を準備すること」が「仕事」になってます(笑)。

「総理大臣、ソージ大臣!?」とダジャレを言ったことがある→ブログランキングへ




テーマ:図書館 - ジャンル:本・雑誌

職員向けの図書だより

久々に、周囲の図書館に学校図書館を理解してもらうって話です。
以前書きましたが、生徒に「図書館だより」という広報誌を作らせています。
その時も書きましたが、結構できばえがよろしくない(涙)。
これでは、職員には「ああ、図書だより作っているのね。ご苦労さん。」ぐらい思われるだけで、実際には「図書だより」は読まれないし、「図書だより」に掲載されている新入荷の本のリストも見てもらえない。
よって、職員は「ああ、あの本を読みたいなあ。」と思っても、図書館にその本があることさえ気づかない(というか、学校図書館を利用するという手段を思いつかない)。

そこで、僕の文才を活かして、図書館担当者が作成する、職員向けの「図書だより」を作成し始めました。

意外にこれがヒット!
「職員向けの図書だよりおもしろいね。」と、数少ないながら、お褒めの言葉をいただいたりもしました。

「ああ、図書館にこんな本があったんだ。」と図書館に本を借りに職員が来るようになったりと思った方向に進んでいます。
でも、その本って生徒が作成した生徒向けの「図書だより」にも掲載されていたんだけど・・・。

生徒向けの「図書だより」は、あまり職員に読まれていないのね・・・orz

「図書だより」は「図書頼り」だと思う→ブログランキングへ




テーマ:図書館 - ジャンル:本・雑誌

「もっと、生きたい」


**

「もっと、生きたい」(詳細は上の画像をクリック)
Yoshi(著)
スターツ出版
現在までの貸し出し回数:5

生徒に人気がある本です。
生徒はこれを読んで泣いたという者が多数。
インターネットに連載されていた小説だそうで、結末は誰にも話さないでくださいとか書いてありました。
なんかすごい面白そうじゃないですか!

というわけで、期待に胸をふくらませ、読み始めました。

おーし、どんな文体で、どんな繊細な表現してるんだあ!








・・・。



表現が拙い・・・。
話が浅い・・・。

「本を読まない人の本」と宣伝されていたけど、まさにその通り。
これでは、「本を読む人では、読めない本」です。
図書館によく来る常連の生徒には勧めないで、読書をあまりしないけど、ふらっと図書館にやってきた生徒に「先生、面白い本ない?」と聞かれた時に、「うん?あ?この本人気あるよ。」(「面白い本」については答えていない)と紹介するだけだなあ。

もっと、休みたい→ブログランキングへ




テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

 | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

学校図書館司書?の人

Author:学校図書館司書?の人
「学校の図書館を担当している」と言っても、司書ではない。あくまで校内の仕事の一つとして図書館を担当している職員。だから他にも仕事はいっぱいあるのだ(涙)。


ブログランキングに参加しています。
応援してくれる方は、下のバナーをクリックして下さいね!



楽天ブックストップページ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。